身長を伸ばす方法ナビ - 効果的な食べ物やストレッチとは?

 

あなたは、ご自分の背丈にコンプレックスを持っていませんか?育ち盛りの子供から大人にかけて、背の低い人のほとんどが悩みを抱えていますよね。そんな方は、毎日牛乳を飲んだりなど、身長を伸ばす方法を色々と試した経験があると思います。また、今では色々なサプリメントが販売されているので、それらを摂取している人も中にはいるのではないでしょうか。

 

しかし、それらの対策を行なってみて、実際に大きくなった人はどのくらいいるのか分かりませんよね。一人一人育つ環境も食生活も違うし、成熟期も十人十色それぞれ異なります。なので、牛乳をたくさん飲んだことで伸びたのか、発育のピークだったから伸びたのかは判断がつきませんよね。牛乳を飲んだけど伸びなかった方も少なからずいるからです。

 

そこで、こちらではそんな方の為に身長を伸ばす方法をご紹介していますよ。背丈が伸びるメカニズムや、最適な食べ物やサプリメント情報はもちろん、今では定番となっている牛乳やマシュマロが、本当に身長を伸ばす方法として効き目があるのかどうかについても、詳しく掲載しているのでぜひチェックしてみて下さいね。

 

そもそも、身長を伸ばす方法が本当に存在するのか疑問に感じる方が多いですよね。実際に身長を伸ばす方法があるのなら、誰もがそれを行なってコンプレックスを持たずに生活できているはずです。また、発達した大人と発達途中の子どもでは身体の内部が違うし、大人と違って子供には成熟期と呼ばれる発育のピークが存在するので、大人と子供では対策法も異なってきます。

 

よって、こちらでは子どもと大人の場合それぞれに合わせた、身長を伸ばす方法をいくつか掲載していますよ。とは言っても、身長を伸ばす方法というのは一概に個人差があって確立した物は無いのが現状なので、背丈を伸ばす上で障害になっている事柄を改善するといった考え方になりますね。その障害になっているものはと言うと、普段口にする食べ物や睡眠の仕方を指します。

 

食生活に関しては、カルシウムやたんぱく質を多く摂るように心がける事に加えて、ビタミンやミネラルも含んだバランスの良い食べ物を摂る事が、身長を伸ばす方法として大切になります。牛乳等の乳製品でカルシウムを積極的に摂っている方は多くいると思いますが、カルシウムだけではダメですよ。意外と脂肪分も多くなってしまうので、何事もバランス良く摂取することがベストですね。

 

睡眠に関しては、最低でも8時間は眠るようにする事が効果的です。また、夜の10時〜2時の間にホルモン分泌が活発になるので、特にその時間帯に熟睡できるように早めに寝ることが重要になりますね。それから、十分に熟睡できているかどうかも大事です。ストレスを溜めないようにして、日頃からストレッチや運動をしておく事も深い眠りにつながるので、身長を伸ばす方法としては有効的になりますよ。

 

ちなみに大人の場合には、ストレッチや整体などでの矯正やサプリメントの服用が有効です。子供の様に劇的な変化は望めませんが、背の低い方の大抵が猫背など骨格が歪んでいる事が多いので、ストレッチや整体で施術を受ける事によって姿勢を正せば、数センチ高くすることが可能になります。しかし、このストレッチ等は継続して行なわなければ、元の背丈に戻ってしまうので気をつけましょう。

 

また、現在では様々なメーカーからサプリメントも販売されています。ただし、サプリメントは比較的高価なため途中で断念する方が多く、身長を伸ばす方法としてはサプリメントはあまりお勧め出来ませんね。ですが、本当に悩んでいる方にとってはサプリメントも効き目があるので、サプリメントの服用を検討してみるのも良いと思いますよ。色々と試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

伸びる仕組みについて


あなたは、背がのびる仕組みを知っていますか?

 

人は自然と身の丈が伸びていくものですが、それは成長期と呼ばれる10代までの頃だけですよね。

大人になってからは、10代の子供の頃と同様の伸びを期待することは出来なくなります。

 

しかし、身長を伸ばす方法を考える時に伸びる仕組みを理解しておくことは、とても重要なことになります。

 

そこで、こちらでは背が伸びる仕組みについてご紹介していきましょう。

 

まず、背丈が伸びるのは骨が伸びることにあります。

 

骨組みは大人と子供では違ってきますが、身長を伸ばす方法を考えるヒントにはなりますよね。

 

子供の骨の先端部分には、骨端線と呼ばれる軟骨部分があるんですが、これが骨をのばす仕組みになっていて、結果的に子供は大きくなっていきます。

 

ですが、この骨端線は年齢と共に急速になくなっていくんです。

 

軟骨ではなくなってしまうので、それ以上の伸長は望めません。

 

それが、成長期と呼ばれる理由ですね。

 

もう少し骨端線の動きを詳しく見ていきましょう。

 

成長ホルモンのことは聞いたことがあると思いますが、そのホルモンが直接骨端線に働きかけるわけではないですよ。

 

その間を仲介するものが、ソマトメジンCと呼ばれる別のホルモンになります。

 

ソマトメジンCは、成長ホルモンによって肝臓内で生成されるものです。

 

このことから、伸びない原因の一つとして肝臓の異常が挙げられますね。

 

また、そのための十分な栄養が必要になります。

 

ちなみに、同じ子供でも女子と男子では年齢的に伸びる時期が異なりますよね。

 

女子は、小学校高学年から中学校にかけてがピークですが、男子は2,3年遅くピークを迎えます。

 

女子の方が早く成熟することになります。

 

もちろん、これには個人差があるので一概には言えませんが…。

 

伸ばす方法とは?


あなたは、背丈が低いと悩んでいませんか?

 

背が低いと、いろいろなことで悩まなければいけないですよね。

もちろん、そのことでそんなに悩む必要はないんですが、どうしてもコンプレックスの元になってしまいます。

 

背丈は10代の時に伸びるもので、大人になってから悩んでも後のまつりになります。

 

女性と付き合う時でも、自分と相手との高さを比べてしまっていませんか?

 

10代の子供なら身長を伸ばす方法はいくらでもありますよ。

 

身長を伸ばす方法と言うよりは、伸びないようにしている行動を改めることで改善していきます。

 

それだけで自然と伸びていきますからね。

 

よって、伸びなかった人にはそれぞれの原因があるという事になります。

 

昔の日本人は一般的に身の丈が低かったですが、現代の日本人ではそんなことはありませんよね。

 

ですから、親が低いからと言って決してあきらめる必要はないですよ。

 

背の高さは遺伝ではないんです。

 

もちろん、低身長症という病気である事もまれにありますが、その可能性はほとんどないと考えていいです。

 

ここで、いくつか身長を伸ばす方法を挙げてみましょう。

 

まずは食生活についてです。

 

食事は、朝昼晩と規則正しく摂ることが最も大事になります。

 

特に、朝食を抜くのは良くない事で、夕食を遅く摂るのも伸ばすためにはよくないですね。

 

栄養面では、食べ物の中でもやはりカルシウムを摂ることが大事になります。

 

骨をカルシウムが作っているからですね。

 

それから睡眠についてです。

 

成長ホルモンが人の体を発育させていますが、それは就寝中に分泌されているものです。

 

よって、十分な睡眠が非常に大事になりますね。

 

そう考えると、食生活と睡眠が大きく関係している事が分かりますね。

 

身長を伸ばす方法ってあるんですね!